琳乃

アンカーイエストレーニング、お疲れ様でした。
これから更に幅広くハーモニーベルセッションを行なわれると思いますが、それに先立ち、
今後の活動の展開やベルとの最初の出会いなどお話お願いします。
最初は、ハーモニーベルを知ったきっかけからお話いただけますか?

   
石川 以前、マッサージを名古屋で一緒に習ったことがあるヒッポウさんからの紹介で知りました。
そのマッサージは、石と光を使ったワークで、波動に着目しているものでした。

その頃から、波動に興味がともにあり、「こういうのがあるよ、良いよ・・・」って教えてくれて、
「ふ~ん、そういうのがあるんだ・・・」と興味を持ったので、京都に来てセッションを受けてみました。

もともと音、特に倍音には興味があって・・・
セッションを受けてみたら、とても気持ち良くて周波数が高く、倍音も気持ちよくて・・
それで何となくヒッポウになるんだと思いました。

そのときに、ヒッポウになる人で“ヒッポウという音、言葉の響き”に惹かれる人もいるよって聞いて、
ますますその雰囲気に惹かれました。


   
琳乃

石川さんは、スペシャルセッション?
(RFS注:トレーニングを受ける条件の、ノノ1を10回ではなくスペシャルセッションを受けられたのですか?の意)

   
石川

そうです。京都にノノ1を3回くらい受けに通って、
その後、ヒッポウになろうと思ってスペシャルセッションを受けました。

   
琳乃

ベルを知ったきっかけとヒッポウになろうと思ったきっかけが一緒だったようですね。

   
石川

はい。
私は、踊りをやっていて、音と音の間のギャップ、間に着目していました。
たとえば、セルキオスクのセッションで使用する“しみ”CDの音って、ガムランの音に似ていると思う。
私がやっている踊りは、インドネシアダンスですので、ガムランの音には、親しみがありました。

ガムランを聞きながらダンスする精神状態ってあるのですが、無心になると宇宙感覚になります。
ソシズノノセッションを受けたときの感覚がそれに似ている、宇宙感覚です。

ちょっと話はダンスのほうにそれますが、今ベリーダンスをやっていて、
胸だけを動かす、首だけを動かす、それぞれのダンス特有の動きがありますが、
インナーマッスルがポイントだと思う。
ダンスで身体の奥を動かしていると、感受性が豊かになって、1つの事柄から多くを感じ学べたり、
また、自分という存在自体も大きくなったような疑似感覚というか、
自分の中の間口が広がっていく感じがあります。新しい発見や気づきが得られるんです。

その特有の感覚が、音と音の間や倍音効果といった感覚が、ダンスに通じると感じました。
これが出会いです。出会ったという感覚です。

   
琳乃

何がきっかけになるか、みんな様々で、わからないですよね。

   
石川

ノノを受けるお客様には、音やダンスをやっている人も多くいます。
音楽を身近に感じている人は、何かを感じるのかな?

   
琳乃 音が好きというヒッポウさんも多いですね。
これからどのように展開していこうとか考えていらっしゃいますか?
   
石川

はい。
今、ちょうど考えています。一言で言うと、「自分の間口を広げよう」と思っています。

   
琳乃

ヒッポウさんの中には、色々なものをやっている人もいらっしゃいます。

 




石川

私も、ノノを始めた頃、サービスでタロットカードをやっていましたが、今は、ベルだけです。
これからは、色々なことに着目して、やっていきたいと思っています。
特に色の事はやりたいと思っているので、RFSで色の事を学べるなら学びたいと思っています。
色とか音とか、例えば、皮膚をつねると痛いってわかるように、
五感を刺激してぱっとわかるものをやっていきたいと思う。
考え込んでしまうと、間口が狭くなってしまうと思う。

ぱっとわかる事ってあるじゃないですか、たとえば、掃除したら空気がきれいになって気持ちいいとか、
特定の色を見ると気持ちいいとか・・・
そういったわかりやすいものをやっていきたいです。

女性ならではの美しさを感性で得られるようなことです。
ベルセッションも、ベルで波動が良くなると気持ち良いですよね、
これも女性ならではの延長線上の感覚だと思っています。

具体的には、エステサロンで“○○曜日は富士子のエステ”としてアンカーイエスをやったりしたいです。
今、ヨガスタジオのイベントに出て、セッションをやったりしていますが、
これをもっと発展させていきたいです。

イベントで一人の人にセッションを受けてもらって、周りの人にも音の波動を受けとってもらって、
これが何人まで音の影響が及んでいくのかな?っていう研究的なことも興味があります。
今までの私の感覚では、ワークショップ的なイベントだと6人くらいに届くという感覚ですので、
もっと積み重ねてやっていきたいと思います。

イベントは、ライブ感があって良いですよね!

今、セッションを受けてくださっている人がヒッポウになる予定なので、
その人と、「お茶の間サロン的にいろいろできたらいいね」と話しています。

女性的なものを打ち出していきたいです。

   
琳乃

久し振りにお会いして、石川さんとっても華やかなイメージになられましたよね。

 
石川

(笑)おー!それは初耳!

   
琳乃

ちょっとお会いしないと、みんなとっても変わられていらっしゃる。
石川さんは、女性らしさがテーマなんですね。

   
   
石川

そうですね。というか、今までは、イベントに出て、
セッションをやってというスタイルで満足していましたが、
今もっと色んな事をやっていきたいという自分の中で欲が出てきました。

   
琳乃

アンカーイエスを習われたきっかけは?

 
石川

お客様のご要望が多いということも理由です。
今までは、ノノだけで十分という雰囲気でしたけど、アンカーイエスってもっと実利的という感じで、
女性客のニーズですかね・・・。

また、お客様の声で部分的に働きかけるセッションを希望される方も多くて、
首とか・・・。
自己表現ができるようになりたいという希望とか・・・。
アンカーイエスは各部分に働きかけていき、感情の解放をしていくので、
前からやりたいと思っていました。

   
琳乃

それにしても石川さん、本当に女性らしくなられましたね。
以前は、かわいいイメージだったけど女性らしさがあふれています。

   
石川

大人の女性のイメージになりましたか?
自分では慣れない感じなんで、
へんな表現になってしまいますが・・・。

 
琳乃

これからもっと変化されていかれると思いますが、マイペースでやっていかれるのでしょうね。
愛知県は、セッションを一般の方に行っているヒッポウさんが少なく、
石川さんが出張セッションを行ってくださっているとお客様からお聞きしています。

出張セッションの事を少しお話してくれますか?例えば、交通費とか?

   
石川

交通費は、実費でいただいております。

出張セッションで心がけていることは、セッション環境作りです。

自分が無理な姿勢にならないように、リラックスした姿勢でセッションを行ったほうが、
良いセッションが行えるので、一番気をつけていることはセッションベッドの高さです。

基本的には、お客様が用意してくださいます。
出張セッションを希望される際に、皆さん必要なものをお聞きになるので、
それに答えて用意をしていただいております。

マッサージをやっているヒーラーさんのお宅ですと、ベッドがあるので、それを使わせてもらったり。

出張を希望する方は、「自宅でセッションをやってもらって、自分自身がセッションを受けるだけでなく、
家にも音を聞かせてあげたい」という方もいらっしゃいます。

   
琳乃

他に気をつけている事は?

   
石川

自分が、落ち着ける状況にすることです。
いつもセッションを行っている場所でセッションをすると、
空間が音と波動を覚えていて、少しいつもと感覚が変化する。

音が伸びるのですが、違うところでやると音の伸びや響き方が違いますので、
自分の中心を落ちつかせてやることを心がけています。

   
琳乃

男性のお客様にもセッションをされていますか?

   
石川

はい。男性の場合は、基本的にはサロンに来ていただきます。

   
琳乃

男性の方がセッションを受けたいというお問合わせもいただきますので、
石川さんの場合はどうしてるのかな?と思って。

   
石川

女性で、男性のお客様の所へ出張に行く事には
抵抗があると私の周りのヒーリング関係の人もお断りしているとききます。

セッション中だと電話に出られないので、行き違いもあるので、
その場合、申し訳ないと思っています。
基本的に、安全のために電話で非通知の人には出ませんので、
セッションを受けたい人は、非通知でかけないでいただきたいです。
2回目以降のご予約は、携帯メールが多いです。

   
琳乃

最初に出張セッションをしたときは、どんな感じでしたか?

   
石川

名古屋で人が結構集まるサロンに呼ばれて行きましたが、初めての人と会うので、緊張しました。

セッションをさせていただく際に、お互いのチューニングを合わせるまでの不安とか、
セッションを気に入ってくれるかどうかとか・・・。

でもマニュアルに記載されているように
お客様に音の強弱の好みを言ってくださいと伝えてやるようにしています。

   
琳乃

メニューは、その場で決めていますか?

   
石川

私は、ノノ1を受けることを前提でお伝えしていますので、ノノ1を受ける方が多いです。
アクシスシリーズは、受けたいものを受けていただきます。

あまり細かく説明するより、ノノ1が基本ですという説明をしています。
基本的に、出張させていただく方は、イベントでお会いしていたり、CDを購入してくださっていたり・・・。
興味をすでに持ってくださっているケースです。

   
琳乃

ヒッポウさんの中には、最初はサロンを構えずに、出張でやってみたいと思う人がいますが、
石川さんのやり方は、とても参考になりますね。
イベントなどで事前に出張させていただく方とコミュニケーションを取っていれば、安心してできますよね。

   
石川

お客様は、遠慮なさって自分の音の好みなどをお話なさらないので今、私が行っている工夫として
初めてのお客様にひとつの音を3段階のボリュームで鳴らして聞いてもらって、
それで音量の好みを教えてもらってからやっています。
こういったコミュニケーションを取りながらやると良いと思います。
お客様は、1回セッションが始まったら、じっと音を聞いているので、
お客様の声を聞いておくことが大事だと思います。

   
琳乃

いい方法ですね。お客様にとって親切ですね。
ずっとうつぶせしていると苦しかったりしますし・・・(笑)

   
石川

同じ姿勢をしていると、腕が痛くなる方もいます。
言い易いようにしてあげることが大切だと思います。

   
琳乃

出張の良さってありますか?

   
石川

家の浄化になると思います。
希望されたら、インナーエンジェルの音を全室に鳴らしてさしあげるサービスをしています。

 
琳乃

お客様は、ベルを鳴らして違いを感じられますか?

   
石川

はい。
部屋の雰囲気が変ったように感じると言って喜んでくださいます。
特に長年使用している寝室とかは、空気が重く感じられたのが、軽くなると。
部屋にやはり想念とかが溜まっているのだと思います。

自分でも、音を鳴らした途端、何か飛ぶよう感じます。
電気製品の多いところとか寝室は変わるのがわかりやすいと思います。

   
琳乃

CDを使っていただくのと生の音を使用するのと違いますか?

   
石川

違うと思います。主観的な感覚ですが。
自宅のいつもベルセッションをしているスペースでセッションを行うのと出張でセッションするのと
部屋の空気密度が異なると感じます。

ベルの波動で満ちている場所だと空気密度の関係でしょうか、お客様の身体状態がわかりやすいです。
お客様の状態を自分の中で認識しやすい、見えやすい。

お客様で、ヒーリングが好きでいろんなグッズやCDを使っている人がいますが、
それとはまた違った生のベルの音の感覚があります。

やっぱり空間が整っていると良いです。セッションもやりやすいです。

   
琳乃

事務所もこの場所もずっとベルが鳴っているし、CDもずっとかけているので
あまり意識したことはないですが、初めて来たお客様が
ここの部屋の空気感が違うと言って驚かれる方がいたりします。

   
石川

ベルが鳴っていると、密度が濃くなって違うと思います。

   
琳乃

ベルの説明は、どのようになさっていますか?

   
石川

音と振動のボディマッサージ。

   
琳乃

体には触れないと伝えたりしていますか?

 


石川

特に伝えてないです。

電話をかけてくださる人は、Webで内容を確認しているし、CD本で興味をもっていたり、
イベントで見ていたり、体験していたりしていますので、なんとなくわかっているので。

   
   
琳乃

そうですよね。ベルに興味ある方が、ご連絡くださるんですものね。

   
石川

そうですね。私の希望としては、1人誰か雇いたいです。

というのは、セッションを受けた人って、体験をしゃべりたいとかあると思うので、
直接セッションを行った私にではなく、もっと気楽におしゃべりのように話せる人、
受付とかやってくれるような人、そういう人を雇いたいという希望があります。

いい意味での、欲が出てきたと思う。
あと、ヒッポウさんが集ったりする『ヒッポウの部屋』とか・・・。

アンカーイエスを得意な人がやるとか、
お互いにセッションをし合ったり、横のつながりができたらいいと思う。

   
琳乃

セッションを自分でも受けたいって、思いますよね。

   
石川

本当に。ノノ4は、また違う世界ですよね。
例えば、ヒーリングが必要ないって思う人でも、ノノ4は、別の体験ができると思う。

   
琳乃

私は、最近ノノ4-6トレーニングで、ノノ4-6を何度も受けていますが、
ノノ4は、受けていると気持ち悪くなることがあるけれど、
ノノ6まで受けると、一区切りで心地良くなります。

   
石川

そういうのって、ノノ3まででもあると思います。

私のセッションをしている中での感じですが、
ノノ1で終えてしまうと、なんとなくもったいない感じがします。

なぜなら、ノノ3の途中くらいで、大きく変化されるお客様が多いので。

変化は、肉体的なことだけでなく、いろんな変化です。
だからノノ3まで、よかったら受けてもらいたいと思います。

また、お客様から、「CD『Reach For the Star』で、魂の目的に出会えるのですよね!」
って聞かれることがよくあります。

   
琳乃

そんな時、どんな風にお答えしていますか?

   
石川

正直、ちょっと言葉に詰まったりしますが・・・

みんな本当の事に気づきたいという思いから、こういった質問をされていると思う。
「いつ頃見つかる?1回で変わる?」とか。

そういうタイミングがきていたら、そうなると思うので、そう伝えています。
人によって、その人の準備がある、タイミングがある。


   
琳乃

そうですね。
ヒッポウさんは、セッションをしていく中で、いろんな経験をされて
変化されていると思いますが、特にどんな変化を実感されていますか?

   
石川

シンクロがいっぱい起きるようになりました。目的が先にやってくるようになりました。

これらの事が、ベルをやってから、当たり前になった。
自分の中で腑に落ちる事がいっぱいあって、迷わなくなった。
迷っても、自分の中で腑に落ちるようになった。

今までは納得できなかったから、外に探しに行こうと思っていたけど、
先ほども話したように、欲は出てきたけど、無駄な事をしなくなりました。
端的にそう思います。

ヒッポウになってから、一層楽しくなった。

人生では体験したことしか、学べないと思うので、下に下がることはないと思います。

   
琳乃

お会いする度に、ヒッポウさんは元気になっていると感じます。

   
石川

そりゃそうです!(笑) 投入している物が、多いから!

   
琳乃

パワーアップして、華やかになって、楽しみですね。

今日は、長時間本当にありがとうございました。これからもご活躍、期待しています。

 


 

石川さんのサロンはこちら → Fu:ヒーリング スペース


category:★ヒッポウインタビュー